英語・英会話教材比較
カスタム検索
トップページ | サイトマップ | 管理人紹介 | お問い合わせ | 相互リンク募集


本気の英語学習を応援。英検1級の管理人が実体験からオススメする英語・英語教材の比較サイト
興味のあるカテゴリからお選び下さい。
英語教材をテストで診断自己診断チャートで教材を選ぶ売れ筋教材から選ぶ目的から英語教材を選ぶ英語教材一覧から選ぶ
英会話教材一覧リスニング教材一覧文法・学習教材一覧発音教材一覧TOEICなど資格教材一覧


サイトナビ トップ > RとLの発音を矯正する 「ReaL stick」

ReaL stick 基本データ
■対象レベル:初〜中級
■評価:★★
■目的:日本人が苦手なRとLの発音を矯正
■価格:2,980円
■販売サイト:ReaL stick

ポイント1 発音矯正
体感的にわかる正しい発音
ポイント2 TVで紹介
英語でしゃべらナイトで紹介
ポイント3 リスニング力強化
LとRが聞き取れるようになる


ReaL stickの紹介
※ReaL stick本体


 
 私は、RとLの発音の違いを覚えるのにずいぶん苦労しました。
最寄りの駅から家までの帰り道、(田舎だったので)歩きながらRとLの発音の違いを練習していたのを思い出します。

よく言われるのは、Lは舌が上顎に触れて、Rは触れない。けどその意味がわかりませんでした。
発音教材の本を見ても確かにLは上顎に触れてるけど、、、うまく発音出来ない。

そんな風に数ヵ月を過ごしていました。

すごく鮮明に覚えているのは、歩きながら発音練習をしている時、「HOTEL」の発音でたまたまLをうまく発音。自分自身ですごくきれいに「HOTEL」が言えたのがわかりました。

それは本当に偶然でした。舌を上顎につけるタイミングが遅れたから。その時に「HOTEL」の正しい発音は、eを発音してから舌を上顎につけること。つまり、「e+L」なんだと気付きました。
eからLへ移るタイミングに、音を出しながら舌を上げる。この音がLの発音だ!と気付くことが出来ました。
これは、小躍りするぐらいすごくうれしかったのを覚えています。

一度覚えれば後は簡単でした。「mail」、「tell」、「bill」なんかもコツがわかりました。


 このReaL stickでは発音が正しい/悪い時が体感的にわかります。私が数ヵ月毎日練習して、やっと気付いたLとRの違いがすぐにわかる教材(グッズ)です。

2,980円、それで苦労が短縮できるなら持っておいて損はない。そう感じる教材です。

ということで、オーダーしました。


RealStickはオンライン からオーダーできます。
ページに行くとまず目を引くのはRealStickの動画が紹介されていること。

動画自体はアメリカの学生を対象にRealStickを試してもらい、
口にスティックを加えて「L」だと舌が棒が当たる、「R」だと棒に当たらないとう仕組みを試すものです。

実際に使用してみないと良く分からないなと感じつつ、オーダー画面へ進む。クレジットカードで注文できました。
土曜日に購入して翌週の火曜日に到着。2〜3日で届くと思います。購入に難しさはありませんでした。


届いたのはA4サイズの封筒。ペラペラで中身は入っているのか??と一瞬疑うほど。端のふくらみを確認して、現品が入っていることに安堵。宛名は手書き、RealStickの広告が大きく載った封筒でした。

中身を開けるとスティックと説明書が入っています。
スティックと説明書が透明の袋に同封、RとLの発音方法が書かれています。


袋を開けて、スティックを取り出し、口に咥えてみます。どこに上顎を当てたらいいのか躊躇した後、
すぐに適切だと思われるポジションを見つけました。

説明書に書かれている単語、「lip」「rip」の発音を試してみます。
あぁ、確かにLの時は触れて、Rの時は触れません。
何度か試してみましたが、確かにLとRの違いが分かります。

続いて、私が苦労した発音、後ろに「L」がつく単語を試してみます。
「HOTEL」、「TELL」、、、
確かにどちらも最後はスティックに触れます。

後ろの「L」の発音がわかることには少し感動。これがあれば苦労した数ヵ月がもう少し縮まったなぁと思います。

この教材の効果は発音補助です。RとLの発音は苦労しがちなのですが、それらを覚える期間を早めてくれる補助教材と捉えるべき。

発音出来る音は必ず聞き取れます。
日本人が苦手な発音を学べるということは、リスニングにおいて他の人よりも一歩進むことが出来ます。
そういった効果も発音学習のうれしさです。

この教材は、LとRの発音に困っている方にはお薦めです。
発音のコツがつかめる。そう思って購入するか判断されれば良いかと思います。
ReaLStickの梱包


中身(スティックと説明書)


スティック写真



ReaL stickの公式ページへ行く

英語・英会話教材比較トップへ戻る

All rights reserved@2009

英語・英会話教材比較