カスタム検索
トップページ | サイトマップ | 管理人紹介 | お問い合わせ | 相互リンク募集


本気の英語学習を応援。英検1級の管理人が実体験からオススメする英語・英語教材の比較サイト
興味のあるカテゴリからお選び下さい。
英語教材をテストで診断自己診断チャートで教材を選ぶ売れ筋教材から選ぶ目的から英語教材を選ぶ英語教材一覧から選ぶ
英会話教材一覧リスニング教材一覧文法・学習教材一覧発音教材一覧TOEICなど資格教材一覧



サイトナビ トップ > 学習に役立つ情報 > listenとhearの違い

 英語では、 日本語に訳すと同じ意味になりますが、 ニュアンスの違う単語が存在します。

有名な一つが listen と hear の違いです。

listenは何かに集中して聴くのに対して、hearは自然と聞こえてくる状態を表します。

つまり、音楽や人の話を聞くときは listen、 噂話などを聞くときは hear を使うのです。

細かなニュアンスの違いを捉えて英語を学習すれば、英語表現力が豊かになります。



 英語教材の一覧はこちらから


 人気の英語教材TOP3はこちらから


英語・英会話教材比較トップへ戻る

All rights reserved@2009

英語・英会話教材比較