カスタム検索
トップページ | サイトマップ | 管理人紹介 | お問い合わせ | 相互リンク募集


本気の英語学習を応援。英検1級の管理人が実体験からオススメする英語・英語教材の比較サイト
興味のあるカテゴリからお選び下さい。
英語教材をテストで診断自己診断チャートで教材を選ぶ売れ筋教材から選ぶ目的から英語教材を選ぶ英語教材一覧から選ぶ
英会話教材一覧リスニング教材一覧文法・学習教材一覧発音教材一覧TOEICなど資格教材一覧



サイトナビ トップ > 英語トレーニングのコツ > なぜか英語が出来る生徒

 英語が出来るとはどういうことなのでしょうか?私が英語を教えていた時の経験から紹介したいと思います。

 英語を教えていた私は、ある時
なぜか英語のセンスが良い生徒がいることに気付きました。英語センスのあり・なしと言い換えた方が良いかもしれません。100人に1人ぐらいの割合で、同じことを教えているのに出来が良い生徒が現れるのです。
出来る生徒からは単語、文法を覚えるという記憶力の違いではなく、日本語の文法に捉われず、英語の文章を組み立てられる語学センスの様なものを感じていました。

 日本語と英語の一番の違いはその文法構造です。簡単に表すと日本語は「
主語+目的語+動詞」、対して英語は「主語+動詞+目的語」となり、動詞の位置が違います。簡単なように感じますが、実際の英文で書かれると、動詞の位置が違う英文を理解するには長い時間がかかります。

 英語のセンスが良い生徒は、この日本語のルールに捉われず、新しい言語をスポンジのように吸収できる生徒だと感じました。

それから私は、英語を学び始める生徒に、日本語と英語のルールの違いを徹底的に説明するようにしました。
すると、「きっかけ」を与えることで、日本語の英語の違いを理解できる生徒の数が増えました。全員ではないですが、何も教えないよりは劇的に英語のセンスが良い生徒の数が増えたように思います。

英語は日本語とは大きく文章の構造が違った言語である。その理解をするだけでその後の英語力の伸びが大きく変わります。

英文の理解を補助するこのような教材もありますので興味があればご参照ください。



英語・英会話教材比較トップへ戻る

All rights reserved@2009

英語・英会話教材比較