カスタム検索
トップページ | サイトマップ | 管理人紹介 | お問い合わせ | 相互リンク募集


本気の英語学習を応援。英検1級の管理人が実体験からオススメする英語・英語教材の比較サイト
興味のあるカテゴリからお選び下さい。
英語教材をテストで診断自己診断チャートで教材を選ぶ売れ筋教材から選ぶ目的から英語教材を選ぶ英語教材一覧から選ぶ
英会話教材一覧リスニング教材一覧文法・学習教材一覧発音教材一覧TOEICなど資格教材一覧



サイトナビ トップ > 英検1級、TOEIC900Over、元英語講師のコラム > 3000時間勉強すれば英語が出来る
 
 いったい何時間勉強すれば英語が話せるようになるのでしょうか。
英語の勉強は単語や文法のルールを覚えて、また理解できない文章が出てきて単語を調べて覚えての繰り返し。終わりのない学習のように感じませんか。
英語が上達しているかどうかは体感しづらい、勉強時間を多く費やせば英語が出来るようになるのでしょうか。

はじめに
『英語ができる』定義を英語試験の最高レベルである英検1級(TOEIC860点以上)を取れれば英語ができるとします。
ちなみに英検1級は「英字新聞が読めて、ノンネイティブとしてのコミュニケーションが十分取れる」というレベルです。

そこで何時間勉強すれば英検1級(TOEIC860点以上)が取れるのかを考えてみます。
私(このサイトの管理人)の例を見てみます。

下に私が英検1級を取得するまでに
何時間英語を勉強したかをグラフに表しました。

※TOEICの点数を縦軸、英語勉強時間を横軸



【グラフ概要】
●大学まで英語の授業を受けて約1000時間の英語勉強時間。
●さらにTOEFL170点までに約1500時間
●そして
TOEIC650点取得までに約1600時間
●最後に
英検1級取得までに約3000時間
●合わせてTOEIC900点取得までに約3000時間

英検1級取得までに約3000時間を費やしています、つまり英語が出来るまでは約3000時間必要です。

今まで何時間勉強したかを計算すれば自分の位置がわかりませんか。英語が出来には
学校の英語学習では全然足りないことがよくわかると思います。
多くの場合、英語が出来ないと感じる理由は 
圧倒的に学習時間が少ないからです
私自身、元々英語が出来ていたわけではありませんし、日本の中学、高校に通っていたごく普通の日本人です。それでも英語に触れる環境を作り続けることで英語は上達します。私は誰でも勉強を続ければ英語は上達すると確信しています。


3000時間はすごく長い時間。それだけの時間を労働すれば たくさんお金を稼げるし、また英語以外の勉強をすることもできます。
でももしあなたが英語力向上(英検1級レベル)に本気で時間を費やす気があるなら、是非頑張って欲しいと思います。
私の高校時代、英語の平均成績は10段階評価の2程度、赤点でした。そんな私でも3000時間を費やせば英検1級が取れています。


じゃあどうやって3000時間の英語勉強を行うのか。出来るなら時間もお金も効率的に勉強したいところ。
私は1000時間ヒアリングマラソンをオススメします。ニュース、映画、音楽など活きた最新の英語を題材に学習します。難しい教材でレベルは高いですが、やりがいのある教材です。
ヒアリングマラソンは1年の学習が前提。毎月CDとテキストが届き、1ヵ月ごとに学習を積み重ねるシステム。毎月10日から学習がスタートします(教材が届きます)。対象レベルは中級レベル。TOEIC点数だと550点ぐらい。また、ヒアリングマラソンの題材は毎年変わります。特に時事ニュースが多いため、飽きないように工夫されています。

千里の道も一歩から。何事も初めてみなければわかりません。英語学習3000時間の達成を目指す。すごく長い道のりですが、もし本気で英語力の向上を目指すなら動き出してみませんか。


⇒1000時間ヒアリングマラソンの申し込みなど公式ページこちらから

⇒当サイトの1000時間ヒアリングマラソンの情報はこちらから


英語・英会話教材比較トップへ戻る

All rights reserved@2009

英語・英会話教材比較