英語・英会話教材比較
カスタム検索
トップページ | サイトマップ | 管理人紹介 | お問い合わせ | 相互リンク募集


本気の英語学習を応援。英検1級の管理人が実体験からオススメする英語・英語教材の比較サイト
興味のあるカテゴリからお選び下さい。
英語教材をテストで診断自己診断チャートで教材を選ぶ売れ筋教材から選ぶ目的から英語教材を選ぶ英語教材一覧から選ぶ
英会話教材一覧リスニング教材一覧文法・学習教材一覧発音教材一覧TOEICなど資格教材一覧



サイトナビ トップ > 英検1級、TOEIC900Over、元英語講師のコラム > 普通の日本人でも英語は話せるようになる


ごく普通の日本人が英語を話せるようになるのですか』とよく質問を頂きます。

そして私は、いつも「
必ず話せるようになります」と答えます。

「信じられない」との返信を頂くのですが、少し考えて頂きたい。
皆さんは生まれてから自然に日本語を話せるようになったはずです。つまり、知らない言語を覚えることが出来る。その能力が備わっているはずです。

子供だから言語を覚えることが出来たと考えるかもしれませんが、そんなはずはありません。中学生や高校生ならともかく、幼稚園児、小学生に大人の学習能力が劣っているとは思えません。


じゃあなぜ日本人の多くが英語を話せないのか?

それは、スピーキングの練習時間が圧倒的に足りないからです。

あなたが日本語でコミュニケーションを取れるようになるには、少なくとも数年の時間を要したはずです。例え3年間としても約3万時間です。
3万時間の英語学習を実現するのは、非常に困難です。これは1日3時間勉強しても約15年の計算になります。
言語を話すということはそれだけの時間を要するのです。

日本の英語学習では、100時間や200時間の学習。それで「英語が話せない」と言っていることは、お門違いです。

日本に居ながらにしてスピーキングの練習時間を増やす方法ですが、
アルクのリピーティングマラソンという教材があります。基本的には「ディクテーション」という手法を使って英語学習をします。
ディクテーションとは、「聞いたこと」を繰り返し話すことで、リスニングとスピーキングの両方を学べる学習法です。
スピーキングで長時間の学習を行うことは難しいですが、一つの方法だと思います。

興味があれば、詳しい情報を見て下さい。

目的 対象 タイトル 三段階評価&コメント 価格(円) text CD DVD PC その他
話す 初〜中 リピーティングマラソン ★★:CDを使った「話す」繰り返し学習 48,090
話す 中〜上 リピーティングマラソン実践コース ★★:ビジネス/映画等、上級の「話す」学習 39,690


英語・英会話教材比較トップへ戻る

All rights reserved@2009

英語・英会話教材比較