英語・英会話教材比較
カスタム検索
トップページ | サイトマップ | 管理人紹介 | お問い合わせ | 相互リンク募集


本気の英語学習を応援。英検1級の管理人が実体験からオススメする英語・英語教材の比較サイト
興味のあるカテゴリからお選び下さい。
英語教材をテストで診断自己診断チャートで教材を選ぶ売れ筋教材から選ぶ目的から英語教材を選ぶ英語教材一覧から選ぶ
英会話教材一覧リスニング教材一覧文法・学習教材一覧発音教材一覧TOEICなど資格教材一覧



サイトナビ トップ > 英語トレーニングのコツ > TOEICスコアと就職の関係

 就職を迎える学生の方々、TOEIC点数が高いと就職に有利なんて言いますが、いったいどのぐらい有利なのでしょうか。

まずはじめに、私はメーカーで働いていますがTOEICの点数が低いと就職できないなんてことは聞いたことはありません。(中途採用や、特殊な職種は別です)また、逆にTOEICの点数が高いと採用するなんてことも聞いたことがありません。TOEIC点数はあくまで参考値であり、就職を決定する指標ではないと思います。
企業へ提出する履歴書には多くの学生がTOEIC点数を記載します。(あくまで私の個人的な認識ですが)「英語が得意です」とのアピールを考えない限り、常識的な点数を書ければ良いと思います。日本の大学生のTOEIC平均点が500点前後ですので500点以上であれば常識的な点数と言えると思います。

じゃあTOEIC点数を就職への武器として使いたいのであればいったい何点あればいいのでしょうか。そこで就職活動の仮想ライバルのTOEIC点数を考えてみましょう。最近では、英語が得意とアピールする学生は半年〜1年留学していましたなんて学生が多いと思います。そんな学生達はTOEIC700点から800点の点数を持っていることが多いことを知っておいてください。

ポイントはあなたが留学しておらず、彼らと同じぐらいの点数を持っていれば「留学していないがTOEIC700点〜800点」といったアピールができると思います。
もし留学しているのであれば、800点以上を目指すべきだと思います。ポイントは 試験の面接官はあなたの英語力を見ているだけでなく、あなたがどれだけ努力できる人かをTOEIC点数を通して見ていると思います。つまり、他の学生と同じ条件でより高い点数を持っていれば評価が高くなると思います。

実際は、仕事で使う英語とTOEICの英語は違います。また、いくら英語が出来ても仕事が分かっていなければただの通訳。それが企業側があなたに期待していることではないと思います。TOEICの点数が高いと早くビジネス英語を吸収できる素地がある。そんな評価を受けると考えればよいはずです。


TOEICの学習には参考書やTOEIC講座など様々な方法がありますが、ここでは人気のアルクTOEIC通信講座をオススメします。
アルクの通信講座はTOEIC入門から900点まで様々なレベルに対応しているので、目標とする点数別に効率的な学習ができます。詳しい情報は下記から。

※アルクのTOEIC通信講座一覧
目的 対象 タイトル 評価 text CD DVD PC サンプル サポート その他
TOEIC 初級 TOEICテスト 超入門キット ★★:TOEICスコアアップの土台作りにGood
TOEIC 初級 TOEICテスト470点入門マラソン ★★:学校英語の知識をTOEICにブラッシュアップ
TOEIC 中級 TOEICテスト650点突破マラソン ★★:リスニングで差がつく650点突破のプログラム
TOEIC 上級 TOEICテスト800点攻略プログラム ★★★:PART3,4,7中心に攻略し高得点を獲得
TOEIC 初級 奪取550点 TOEICテスト ★★:36の解答テクニックで効率スコアアップ
TOEIC 中級 奪取730点 TOEICテスト ★★:充実の繰り返し練習で実力UP
TOEIC 上級 奪取900点 TOEICテスト ★★:豊富な教材を使って英語漬け生活


英語・英会話教材比較トップへ戻る

All rights reserved@2009

英語・英会話教材比較